鏡に映る自分自身を見た

投稿者: | 24/09/2019

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットをしてみたところ、3キロほど体重を減らすことが可能でました。

只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、何と無くスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

しわの急な増加とファスティングが何か関係があるとは思っていませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、スキンケアをじゅうぶんに行ないながら、少し様子見です。30代から40代の女の方が悩む肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称にできるシミで、クマのような感じです。肝斑があらわれる原因として関連性があると思われるのが女性ホルモンで、肝臓の病気とは特に関係がないと言われています。目下、肝斑に効果がある飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、CMをご覧になった方もいるかも知れませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として開発され、売られています。一般的なシミ改善方法としてイロイロな方法があるかと思うんですが、肝斑に対しては有効ではありません。

テレビに映る芸能人の肌は全くシミのない美しいものですよね。とはいえ、人間であることに変わりはありませんので、実際のところは、肌の調子が悪いこともあります。ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びるしごとですし、我々とは比べられないほど、必死になるのも仕方ありません。そのやり方を参考にしてみれば、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかも知れませんよね。

若いうちから肌に拘る人は、ナカナカいないかも知れません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?でも、20代の肌だからといって、シワが可能でないなんてことはありません。

シワが発生する原因としては紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが肌にとって大きな問題になります。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねて欲しいと思います。待ちに待った、誕生日がやってきました。

とうとう私も40代の仲間入りをしてしまいました。

今までは日焼け止めと安価な化粧水くらいしか使っていなかったんですが、幾らなんでも、こんな簡単なスキンケアでは通用しない年齢ですよね。エイジングケアにはイロイロな方法があるので、調べてみるべきだと考えている今日この頃です。

年を重ねるごとにシミが増えてしまうのは、がっかりするものです。

新陳代謝に優れた若い人立ちの肌を見ると、輝くばかりにきれいで、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

若い肌を保つために今からでも努力を惜しまないようにして、シミを今以上に増やさないようにしたいです。

シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日々の紫外線対策や肌の老化防止を心がけます。近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、毎日食べる食事について変えてみるのがいいかも知れません。

食事の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。

そのことで、シワやシミといった肌につきもののトラブルも改善される可能性があります。私立ちの身体は毎日の食事によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りからはじめて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のアンチエイジング(女性にとっては特に関心の高い話題です)だといえるのかも知れません。食事の質を変えるのは、習慣もあってナカナカ難しいところもあるかも知れませんが、それだけに効果は大きいので是非お試し頂戴。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。今あるシミを消す場合、まずはシミの原因は何かを知ることが大事です。

自分のシミに対応した化粧品でないと、むしろお肌にダメージを与えることもあります。美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだといえるのではないでしょうか。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌をつくります。ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Bは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける役割を果たしています。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていくはたらきがあるのです。このような栄養素の摂取がシミやくすみのない健康なお肌にする効果を狙えます。ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。服装が急に中年になるわけではないので、やはり違いは服の本人自身でしょう。加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワが可能でたり、口元の法令線が目立ってくるころだと思うのです。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとげんきになりました。

しかしなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。「最近忙しいの?」ときかれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。

心配なので化粧直しの回数も多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。