肌に長期的にダメージを与える

投稿者: | 27/08/2019

睡眠不足、紫外線、食生活の乱れ。どれも肌の老化を促進してしまいますが、小シワの原因で乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、肌に長期的にダメージを与えて、老化を促進させます。

真冬以外は忘れがちになりますので、時節にあった保湿をしていくことが大切でしょう。最近では通年、スプレータイプの化粧水がうっているので、そういったものを使ってマメにお肌に水分補給し、湿度が高い夏は汗で気づきませんが、紫外線で肌の表面が乾燥しているので清潔を心がけ、丁寧に保湿ケアしてあげるといいですね。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを演出してくれますが、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌と悩む人も多いです。シミができるのが嫌なら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

シミ予防のポイントといえば、日焼け止めを入念に塗ること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使ってお肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。まったく我流ですが、スキンケアを通して思い当たったことがあります。具体的に言うと、表皮が薄かったり、シワがなくても肌が硬いと、早くシワを招くと言う事です。

逆に柔らかいほど後々シワができにくいのです。

若い頃は差を感じませんが、加齢といっしょにハッキリ出てくるのできちんとケアしていくことが大切でしょう。私は放置していたのですが、しばらく前から夏に炭酸水洗顔をはじめて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、肌の柔らかさが気のせいじゃないと思えるようになった頃から急に、くすみ・シワ・たるみが目たたなくなりました。肌ケアって、できるときにしておくべきですね。三十代以降の女の方をまんなかに悩むことの多い肌トラブルに、「肝斑」といわれるものがあります。

左右の目の下の目尻から頬あたりにできるシミで、クマのような感じです。

女性ホルモンが肝斑に関与しているのではないかと考えられていて、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。肝斑の治療にあたり、現在、第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから開発され、うっています。肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、身体に多彩なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったこともよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、その影響をうけて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。

そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って何よりも保湿を重視したスキンケアをつづけましょう。ホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされているんです。

もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいそうです。シワができやすい自覚のある人はご自身の肌を少し確認してみるといいでしょう。肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいていいですね。皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして通常、肌は年齢といっしょに薄くなっていくものであり、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに出現して、恐ろしい増殖ぶりです。元凶はあれしか考えられません。

天候にか変らず、降り注いでいる紫外線です。靴をはけるまでに成長したコドモと雨降りの日以外は毎日仲良く近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。身支度は持ちろん、コドモが最優先です。まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でその通り出かけてしまっていました。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。時間をひねり出してでも対策すべきでした。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。美白成分の他にも、保湿成分などを贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、透き通るような肌をつくり出してくれるのです。つい日焼けした時には特に効果があり、その日すぐにがっちりケアすれば、シミが予防できます。誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力次第で変えることができます。

肌の劣化(シミ・シワ等)は経年によるものだけでなく、紫外線の強い影響をうけています。

効果的にシワを防ぐには、PA値の高い日焼け止めを利用したり、防止や日傘などで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大切でしょう。もし長時間日光に当たったらなるべく早く肌を冷やして日焼け後専用のエマルジョンなどでしっかり保湿し、シミやシワの元をつくらないように心がけましょう。

トータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいですね。肌にシワができる原因は肌がうけてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌への影響を大きくします。

そういう理由ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいですね。