メイクしたままで眠ってしまう

投稿者: | 28/07/2019

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のしごとをこなしていたある日の事、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見て悲鳴を上げそうになりました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どれ程疲れ切って家に帰ってき立としてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。腕の内側と手の甲をくらべてみると差は歴然でしょう。

きめ細かい肌では皮膚表面の模様がものすごく小さいですが、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚は模様が遠目にわかるほど大きかったり、不規則に伸びているはずです。肌の一番外側にある表皮の保護機能が損なわれているので、肌の基底部以深もすごく傷んできます。水分が失われると表皮が薄くなり、やがてシワになっていくのです。一時は大ブームとなったガングロですが、今またブームが起こりそうな気配です。一種の主張として落ち着き始め立とも言えますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。

それぞれ違いがあるとは思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く生じるように思われます。

健やかな肌は睡眠と栄養によって創られています。バッドな状態に気づいたら、たっぷりの睡眠をとり、食生活を見直してみてちょうだい。

少しでも身体にいいものを選択すればいいと思います。食べる内容が変わるとだんだん肌の色つやが戻ってくるのがわかるはずです。

表皮ではなく深いところ(真皮)がげんきになるので、シミやシワにもいいと思います。

皮膚も身体も食事によっていかされていますから、生活していく中で自然に取り入れることのできるスキンケア方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)だと考えたらラクなのではないでしょうか。

肌が変わってくるのを実感すると、毎日の食事の意味がわかるはずです。

肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の乱れもシミに大きな影響を持たらしているのです。

実例の一つと言われているのが、近年、CMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の乱れで、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが判明しているのです。それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいといったことも他のシミとの大きな違いです。美白やシミ対策をうたった化粧品は数多くあります。シミがある方の場合、まず、どのような種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)のシミなのかよく知っておいてちょうだい。どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければ肌荒れや白斑の原因になってしまいます。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミを薄くし、健康な白い肌へと導く方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)だと断言できます。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、消せるものなら消したいものです。そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。

シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、日傘や帽子も使って一年をとおして紫外線対策を行ない、もしも日焼けをしてしまったのなら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミを予防し、かつ乾燥を防ぎます。こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながる所以です。

お肌にダメージがあると、シミの原因となってしまう場合があります。

例として、日焼けです。赤く痛むときはもちろんの事、痛まないときでも見えない炎症が発生しているといえます。美しい肌をつくる方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)とは、日々の外出時の紫外線対策を指すのかもしれません。

出産を終えても当分の間、女性の身体は出産前というのはホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)が急激に変わったこともあって、多種イロイロなトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変もよく目たつために、悩む人は多いです。妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲン(成長期にはこのホルモンの分泌によって、身長の伸びが止まるとされています)やプロゲステロンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵過敏な肌も併発しますから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。シミを撃退する飲み物というと飲む美容液。ローズヒップティーです。

酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍のビタミンCを摂れる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、肌の再生に必要なコラーゲンを生成して紫外線で疲れた肌をげんきにし、クリアな肌を手に入れられます。

老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、アンチエイジングにも有効です。