ザ・アンチエイジング
  • HOME >
  • 疾病予防のために、タバコを止める人が増加し

疾病予防のために、タバコを止める人が増加し

疾病予防のために、タバコを止める人が増加していますが、タバコを止めることは、お肌にも非常に良く、プラスに作用します。タバコを吸うという行為によって、美しく健康的な肌でいつづけるためになくてはならない栄養素である大量のビタミンCを、無駄につかってしまうのです。

つまりは、タバコを吸えば、それがとりもなおさずシミなどの肌の不調のモトになってしまうと言うことです。



実際、タバコとお別れしたら肌が美しくなったというのは、多くの人が実際に感じている事実です。

1人1人の人によって肌の質がちがいます。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など、沢山の肌質があるのですが、なかでも、敏感肌の人は、どんなスキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)商品であっても合致する所以ではありません。万一、敏感肌用以外のスキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)商品を使用してしまうと、肌に負荷をかけてしまう事もあるので、注意深くチェックしましょう。

私が20歳の際、背中が大変な痒みで見てみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科に行きました。

その結果、医師から、「多数の吹き出物をニキビと診断します。原因は偏った食べ物なんですが、脂っこいものばかりのご飯になっているんじゃないですか」と診断されてしまいました。
チョコほどニキビができやすい食べ物はないそうです。洗顔を終えた後の10秒間というのはスキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)の大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

お風呂やシャワーを使った後や洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、なんでも吸いこむ、乾聞きったスポンジのような状態になっているんです。


この短くても貴重な時間のうちに何もしないでいるのはとても残念なことですし、大切な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

私はエッセンシャルオイルで自分だけで楽しんだり周囲の方にたのしんでもらったりしています。特にアロマオイルの香りが大好きで気分が落ち着きます。



アロマオイルは精神面、肉体面の健康やストレスの解消、リラクゼーションに良いようです。



植物の香りによって心身のトラブルを穏やかに回復させてくれる作用があり、肌ケア化粧品のような感じでつかっています。



肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。



肌のターンオーバーを促進することで多少はシミを薄くできる可能性があるのですが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、さらに効果がアップします。でも、ピーリングで角質を落としすぎると肌に負担をかけてしまうでしょう。ニキビは食べ物と密接に関連性があるのです。食生活に気をつければニキビも改善されます。
食生活は野菜中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)を意識して摂取しましょう。

食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘を解消する点からも、ニキビには効果があるのです。

年を重ねるごとにシミが増えてしまうのは、悲しい気持ちになってしまうのです。新陳代謝に優れた若い人立ちの肌を見ると、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、メイク映えしているので嫉妬してしまうのです。

「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミを今以上に増やさないようにしたいです。シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名なので、紫外線を防ぎ、アンチエイジングをするなどをしていこうと思います。
あとピーにかかっている場合は湿度が低いことによるかゆみも発症することが多いなので、乾燥肌用の入浴剤を利用したり、保水成分が十分に配合されている化粧品を使うといいですね。


また、軟水で顔を洗ったり、体を洗ったりするのも良いでしょう。軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことから刺激に敏感なあとピーの人にはとても良いのです。女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性モルモンのバランスが保持されないことがあると思われます。女性ホルモンのバランスは、ストレスをうけると容易に乱れてしまうと知られています。生理前は特別女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。生理前になるとニキビに悩む女性が多くなるのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。

関連記事はコチラ

メニュー